コンプライアンスってどんな意味?使い方は?

最近はコンプライアンスという言葉をよく耳にしますよね。

芸能人や企業の不正があったときなどに使われていることが多い気がしますが、コンプライアンスの意味はどんなものなのでしょうか。

なんとなくは分かるけど、使い方があっているか分からないし、意味を聞かれると困ってしまいますよね。

そこでコンプライアンスの意味や使い方、求められる理由など紹介していきたいと思います。

コンプライアンスの意味は?

コンプライアンス(compliance)の意味は「命令・要求に従うこと」です。

日本では、「法令遵守」という言葉が相当します。

実際には法令だけでなく、倫理、社会規範なども含みます。

また企業が独自に設ける就業規則や社内規定、企業倫理も含め守ることを指します。

つまり、不正会計や産地偽装、長時間残業と言った行為ことはもちろんのこと、モラルに反した行為なども「コンプライアンス違反」となります。

「法令遵守」は英語で言うと「legal compliance」などですが、日本では単に「コンプライアンス」というだけで、「法令遵守」を表すようになっています。

遵守というのは、「規則・法律などに従い、守る」という意味です。

法令は「法律と命令」という意味を持つ言葉なので、「法令遵守」という言葉は、法律を特に守るということを強調しています。

ちなみに、医療や介護の現場でもコンプライアンスという言葉が使われています。

服薬遵守や服薬コンプライアンスと呼ばれており、患者が指示通りに薬を服用していることをコンプライアンスが良いと言います。

また、反対に飲み忘れが多いなど患者が定められた服用方法を守らないことを、ノンコンプライアンスと言います。

なぜコンプライアンス求められるのか

コンプライアンスが重要視され始めたのは、誰もが知るような大企業で起こった不祥事や、その隠ぺいなどが相次いで起こったことが背景にあります。

日本は急速な経済発展を経たことによって、豊かになっていきましたが、その過程でさまざまなひずみや問題も表面化しました。

そして2000年以降、企業の不祥事が相次いだことから、社会的な規範や倫理に基づいた経営を求める声が強くなり、経営の「質」が問われるようになったことでコンプライアンスが重要視されるようになりました。

また、1900年代後半以降、規制緩和に伴い、経済のグローバル化が進みました。

海外の企業との取引が日常的となったことで、国内企業も世界共通のビジネスルールに従うことが求められるようになりました。

そして、コンプライアンスに対する法律の整備が進んだこともあり、コンプライアンス重視の風潮が広がったのです。

コンプライアンスの使い方と例文

コンプライアンスという言葉は、現在さまざまな場面で使われるようになっていますが、特に『企業の倫理』を話題にする時に使われること多いです。

日本語でのコンプライアンスの意味は、先述したように「法令遵守」ですが、ビジネス用語として使われる場合も同じ意味です。

それでは、「コンプライアンス」の具体的な使い方や例文について、以下で見ていきましょう。

正しい使い方

○例文

・コンプライアンスへの意識を高め、信用を損なうような行動は慎むように

・新入社員へのコンプライアンス教育を徹底して行ってください

・社会的な信用を得るには、コンプライアンスを重視した経営を行っていかなければならない

・我が社ではコンプライアンス体制の確立が急務だ

・我が社では、コンプライアンスを重視した経営を行っております

・当社ではコンプライアンス委員会を組織し、コンプライアンス重視の経営の確実な実践を監督しています

・当社ではコンプライアンスの基本に則り、文書管理は徹底しております

・会社のコンプライアンスへの認識が甘かったのでないですか

・社員へのコンプライアンスの周知はできていたのですか

コンプライアンスという言葉は、企業内部や社外でも日常的に使われます。

よくあるケースとしては、社内会議や経営者の指針で社員に注意を促す時や、社外で取引先や顧客に対し、自社について説明する際などに使うことあります。

また、マスコミが企業の不祥事を取り上げて、非難する場合にもよく使われます。

間違った使い方

○例文

・コンプライアンスの遵守してください。

・コンプライアンスを守ることは重要です。

「コンプライアンスの遵守」、「コンプライアンスを守る」という使い方は、「遵守」や「守る」がコンプライアンスの意味の「法令遵守」と重複する間違った使い方です。

他の言葉で例えると「頭痛が痛い」や「馬から落馬する」のような感じです。

意味が伝わらないことはないかもしれませんが、指摘されれば少し恥ずかしい思いをするかもしれません。

コンプライアンス違反の事例

企業がコンプライアンスを重要視する一方で、たくさんのコンプライアンス違反の事例が報道されています。

コンプライアンス違反というのは、法律に反した行動や社会的な道徳や倫理に反した行動をすることです。

企業のコンプライアンス違反の代表的なものとしては、以下のようなものがあります。

○例

・粉飾決算などの不正会計
・脱税
・インサイダー
・横領
・談合
・産地や性能の製品偽装
・リコール隠し
・贈収賄
・個人情報の流出
・不正受給
・違法残業
・過労死
・賃金未払い
・著作権侵害

○有名な事例

・ライブドアの粉飾決算事件
・株式会社てるみくらぶ経営破綻
・東洋ゴム事件 免震ゴム性能を偽装
・船場吉兆事件 食品偽装
・三菱自動車 リコール隠し
・大手広告代理店株式会社電通の女性社員の過労死自殺
・ベネッセコーポレーションの顧客情報流出
・すっきりフルーツ青汁の青汁王子の脱税
・震災関連の助成金の不正受給
・介護報酬の不正受給
・吉本芸人の反社会勢力への闇営業

こうやって見てみると有名な企業や会社がコンプライアンス違反をしていることがわかりますね。
小さい事件なら、大きく取りざたされていないだけで、もっとたくさんありそうですね。
大企業であろうが、中小企業であろうが、社員に対しても、顧客に対してもきちんとルールを守って、道徳的な経営をしていってもらいたいものですね。

まとめ

コンプライアンスは簡単に言うと、法律を守るのはもちろんのこと、社会の一員として、道徳やマナー・ルールも守りましょうという意味の言葉です。

それを自分や会社の利益、都合のいいように破ってしまうから、社会的にもすごく非難を受けたり、逮捕されたりしている人もすごく多いと思います。

「これくらいは大丈夫だろう」、「きっとばれない」という感じで違反をしてしまうと、跡で取り返しのつかないことになります。

会社に対する信用がなくなれば、ひいては会社から顧客が離れてしまい、会社を経営していくこと自体が難しくなります。

そのため、会社側は従業員の不祥事を未然に防げるよう、コンプライアンスについてどのように取り組むか、また従業員にコンプライアンスについてどう取り組んでもらうかを考えていかなければならないのですね。