ダニ刺されの症状は?かゆみの対処法、跡を消す方法は?

暖かくなってくると、家の中でいつの間にか虫に刺されていたということがありますよね。

すぐかゆみが治まれば蚊かもしれませんが、強いかゆみが長引けば、それはダニに刺されているのかもしれません。

人を刺す(噛む)ダニはどんなダニなのでしょうか。
そして、それに刺されるとどんな症状がでるのでしょうか。

刺された時の対処法も含め、紹介していきたいと思います。

人を刺す(噛む)ダニの種類は?

ダニには人を噛むダニと噛まないダニがいます。

「屋内塵性ダニ類」とよばれる、ヒョウヒダニ(チリダニ)類・コナダニ類・ツメダニ類と屋外に生息するマダニなどがいます。

それぞれの種類について詳しくみていきたいと思います。

ヒョウヒダニ(チリダニ)

ほぼ1年中見られるダニでじゅうたんやマットレスなど家具等に多く発生します。

大発生した際、このダニの体や死骸、糞がアレルギー性疾患の原因(アレルゲン)となります。

温度20~30℃、湿度60~80%の高温多湿を好みます。

人を刺すことはなく、エサはほこり、人のフケ、アカ、その他有機物等です。

フケ・アカ・汗1gで、約300匹のダニが生息できてしまいます。

コナダニ

梅雨時、秋口に増殖するダニで食品や畳に発生します。

高温多湿を好み、繁殖力が極めて旺盛です。

人を刺すことはないですが、大発生するとコナダニを捕食するツメダニが増殖し、そのツメダニによる刺咬被害が出ます。

低温に強いコナダニの繁殖を抑えるには湿度を下げることが有効です。

エサは広範囲の食品(砂糖・乾燥果実・味噌・削り節・煮干・小麦粉・チーズ・チョコレートなど)、医薬品、ワラ等です。

ツメダニ

梅雨時、秋口に増殖するダニでカーペットや、マットレス、畳などに発生します。

8~9月は特に被害が増加します。

他のダニやチャタテムシ等を捕食するため、これら餌になる虫が増えると、ツメダニも多く発生します。

吸血しないが、稀に間違って人を刺し体液を吸うため、刺咬症の原因になることもあります。

イエダニ

ネズミや鳥に寄生する吸血性のダニです。

宿主のネズミが死んだ場合や、ネズミの巣内で大発生した場合等に、移動して人も吸血します。

割れ目や暗い場所に潜み、通常は夜間に吸血します。

5月頃から発生し、6~9月が発生の最盛期で、人への被害もこの時期に集中しています。

マダニ

マダニは、屋外にいる大型のダニで、肉眼でも確認できます。

成虫の大きさは3~10mmぐらいまで種類により様々で、これが大きな特徴です。

マダニは3~4月頃から増加しはじめ、10~11月頃が本格的な活動期となりますが、中には冬季に活動する種類もいます。

最近では、 山・公園・河川敷・草地・庭など身近な場所での存在も問題視されています。

マダニは感染症を媒介することがあるので注意が必要です。

もし、噛まれていたら、無理に取らずに、皮膚科など病院にいって処置してもらうようにしてください。

ダニ刺されの症状は?

ダニに噛まれた時はすぐにかゆくなりません。

ダニに咬まれてから5~8時間後に痒みが生じます。

掻きむしりたくなるような強い痒みで、いったんかゆみが治まっても、何度もぶり返します。

それが、数日から10日程続きます。

噛まれてから、かゆみがでるまでに時間があるので、どこで刺されたかが判別しにくいです。

ダニ刺されの症状は人によって違う?

同じようにダニに刺されても、あまり症状がでない人がいる一方で、結構腫れてしまう人やかゆみが長引く人がいます。

では、なぜ人によって症状に違いがあるのでしょうか。

日本の人口の約半分の人はなんらかのアレルギー疾患があり、その中の約8割の人にダニアレルギーがあるといわれています。

そのため、ダニに刺されても症状が出ない人は、ダニアレルギーではないということなのです。

ダニ刺されは刺されてもと蚊のようにすぐには症状がでません。

しばらくすると皮膚が赤く腫れたり、かゆみを感じたりします。

これはダニに反応してアレルギー反応が出るためです。

そのため同じダニに刺されたとしても反応が出る人と出ない人がいるのですね。

ダニに刺されやすい人の特徴は?

同じ空間にいても、刺される人と刺されない人がいることはありませんか。自分だけ刺されるという人は、もしかしたら、刺されやすい特徴を持った人かもしれません。

▼肌が柔らかい

ダニに刺されやすい人は肌が柔らかいという傾向があります。

家の中にいる人を刺すダニはツメダニ、イエダニです。

これらのダニは肌の柔らかい人を刺し、脇腹やお腹・腕の内側などの柔らかい場所を選んで刺します。

そのため男性よりも女性や子供の方が刺されやすいといわれています。

▼体温が高い・汗っかき

ダニに刺されやすい人は体温が高く、汗をかきやすいという傾向があります。

ダニは高温多湿を好むため、体温が高く汗をかいている人を刺すのです。

また、その人が使用している寝具なども、寝汗でダニの増加しやすい環境になっていることも理由かもしれません。

体温が高くなく、汗をかきにくい人であっても、ダニは二酸化炭素を感知して近づいてきます。

そのため呼吸数が多くなるスポーツの後や、通常よりも体温が高くなる飲酒後などは、普段よりも刺されやすくなるかもしれません。

ダニに刺された時の対処法は?

ダニに刺されると強いかゆみに襲われますよね。
どうしてもかきむしってしまいたくなるのですが、それはやめたほうがよいでしょう。
かきむしって血が出てしまうと余計に治りにくいですし、跡も残りやすくなります。

かゆみを抑える方法は?

まずは薬をぬることです。

ダニに刺されて掻きむしってしまうと、そこから細菌が入って化膿してしまうため、跡が残ってしまいます。

特に肌が弱い人や赤ちゃんの場合は、「とびひ」になってしまうこともあるので、注意が必要です。

ダニ刺されには、ステロイド系外用薬軟を塗るのが有効です。
しかし、ステロイドは使い方よっては副作用もあるので、特に赤ちゃんや子供の場合は皮膚科で薬を処方してもらうと安心でしょう。
用法容量をしっかり守るようにしましょう。

次に冷やすことです。

薬がないときやどうしてもかゆいときは、保冷剤やアイスバッグなどで冷やすと落ち着きます。

かきむしると化膿したり、跡が残ったりするのでできるだけかきむしらないように、薬をぬることと、冷やすことでかゆみに対処しましょう。

薬は市販の薬でもよいですが、かゆみや炎症が酷く、収まらないようならば、早めに皮膚科を受診するほうがよいでしょう。
効き目の強い塗り薬や、飲むかゆみ止めを処方してもらえます。

跡を消す方法は?

ダニに刺されてそのままにしておくと、ひどい跡が残ったり、シミになったりする可能性があります。

特に新陳代謝が衰えている中年以降の人は、刺された後のケアが大切になってきます。

跡を早く消すためには、刺された時からかきむしらないようにして、刺された部分に傷を残さないことが重要です。

それには、かゆみを抑えるための抗生物質のステロイドが有効です。

ステロイドと聞くと、不安に思う人もいるかもしれませんが、使い方さえ間違わなければ、一番効果的な薬といってもいいでしょう。

また、ダニ刺された場所は炎症を起こしているので、熱を帯びて乾燥しやすい状況になっています。

そのため、保湿をすることで肌が潤い、新陳代謝が活発になり、掻き傷やその跡を早く回復することができます。

以上のことをやってもやはり、跡が長く残る人もいると思います。

そんなときは薬局等で販売されている、塗って跡を治す薬(アットノンなど)が売っているのでそれを活用するのもよいでしょう。

まとめ

ダニ刺されはとてもかゆくつらいです。かゆみも長引き、跡も残りやすいです。

刺された跡の対処法は今回よくわかりました。

しかし、被害の元(ダニ)をなくさないと根本的な解決にはなりません。

放っておくと事態は悪化の一途をたどり、刺咬被害も増えていく恐れがあります。

刺されたことに気づいたらできるだけ早い対応を取って、被害を抑えるようにしましょう。