体育の日の由来と意味は?体育の日はスポーツの日に変わる!?

秋と言えば皆さんは何を思い浮かべますか。

食欲の秋や読書の秋、スポーツの秋なんて言われたりしますよね。

運動するのによい季節で、10月には体育の日という祝日もありますよね。

そこでその体育の日なのですが、なぜ10月に制定されているのでしょうか。
気になったので調べてみました。

体育の日とは

体育の日とは、毎年10月の第2月曜日に定められている祝日のことです。

体育の日は1999年(平成11年)までは、毎年10月10日に制定されていました。

しかし、現在はハッピーマンデー制度によって2000年(平成12年)以降からは、体育の日は10月10日という固定の日ではなく、10月の第2月曜日に日にちが変更されました。

ハッピーマンデー制度とは三連休以上の休日を増やすための制度で、祝日の一部を月曜日に移す制度です。

ちなみにハッピーマンデー制度で変更になった祝日は以下の通りです。

成人の日:1月15日→1月の第2月曜日

海の日:7月20日→7月の第3月曜日

敬老の日:9月15日→9月の第3月曜日

体育の日:10月10日→10月の第2月曜日

体育の日の由来とは

体育の日は1964年(昭和39年)に東京オリンピックが開催され、10月10日に開会式が行われたことがきっかけとなって、定められた祝日です。

オリンピックの感動や選手たちの素晴らしい活躍をたたえて、1966年に正式に10月10日を国民の祝日と定め、記念日として体育の日ができました。

1964年の東京オリンピックは夏季オリンピックですが、10月10日は開会と例年のオリンピックより遅い時期に行われています。

なぜ10月10日が選ばれたかというと戦後の復興のアピールも兼ねるため、開会式を晴れの日にしたかったためです。

気象庁が調べたところ、10月15日が一番晴れる確率の高い日でしたが、木曜日だったため、土曜日で次に晴れる確率の高い10月10日が選ばれました。

ちなみに2020年(令和2年)の体育の日は、改正東京五輪・パラリンピック特別措置法により、東京オリンピックの開会式に合わせて7月24日(金曜日)に変更されました。

そのため、2020年の10月には祝日がありません。

しかし、2021年以降は通常通りに戻ります。

体育の日の意味とは

体育の日は法律では「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。

この趣旨には、スポーツや運動を通して健康な身体を作ることはもちろんですが、健康のことについて考えたり、人と関わることなどの大切な要素があります。

そのため、体育の日は身体を動かすだけが目的ではなく、人と関わることにより心を成長させるような経験をすることに意味があるのではないでしょうか。

体育の日が祝日になったこと、そしてハッピーマンデー法により連休になったことで、各種スポーツに関するイベントが沢山行われますし、運動会開催する学校も多くあります。

その機会を活かして、体育の日にスポーツを楽しんではいかがでしょうか。

体育の日はスポーツの日に変わる!?

2020年から「体育の日」は「スポーツの日」に変わります。

2018年6月13日の衆議院本会議で、東京オリンピックが開催される2020年から、10月の第2月曜日の祝日である「体育の日」を、「スポーツの日」という名称に変更する
という内容の改正法案が、可決されました。

大辞林によると、体育は「スポーツ・体操などの身体活動により、健康の保持・増進と体力の向上、をはかるための教育・教科。」です。

スポーツは「余暇活動・競技・体力づくりのために行う身体運動。陸上競技・水泳や各種球技・スキー・スケート・登山などの総称。」です。

こうやって単語の意味を比べてみると「体育の日」の趣旨に近いのはスポーツの方なので、改正にも納得です。

時代の変化にも合わせ、教育的な意味合いの強い「体育」から、「スポーツ」という言葉に改めるということになったのですね。

ちなみに、英語で体育は「physical education」(身体教育)でスポーツは「Sports」(余暇活動・競技・体力づくりとして行う身体運動のこと)なので、意味がかなり違います。

体育の日が定められた時から、英語では「Health Sports Day(健康とスポーツの日)」と称しながら、日本語では「体育の日」となっていたことが、おかしかったのかもしれないですね。

まとめ

体育の日には1964年(昭和39年)の東京オリンピックが深く関わっていることが分かりました。

2020年の東京オリンピックではオリンピック期間中の休日増やすためか、体育の日が7月24日に移動したりと、オリンピックと体育の日は切り離せない関係なのかもしれません。
これまではずっと「体育の日」でしたが、東京オリンピックの開催される2020年からは「スポーツの日」に名称が改められます。

「スポーツの日」になることで外国人の方にも馴染みがあり、理解できるような言葉になりますね。

オリンピックはグローバルな部分もよいところなので、外国人と一緒に楽しめるといいですね。