紫陽花の花言葉や由来は?紫や青、ピンクなど色別に意味は違う?

6月~7月の梅雨の時期に咲いている紫陽花。

ほとんどの花は晴れの日の方がきれいにみえると思いますが、紫陽花だけは雨の日が似合っていて、少し幻想的な雰囲気があり、とても美しいですよね。

そんな紫陽花ですが、花言葉にはどんなものがあるのでしょうか。紫陽花の名前の由来なども含め、調べてみました。

紫陽花とは?

主に6月~7月の梅雨の時期に咲く代表的な初夏の花で、小さな花が寄り集まって、大きな丸い花を形作っています。

紫陽花の花の色が変化するのは、紫陽花の花に含まれている色素であるアントシアニンが関係しており、咲いている土地の成分によって色が変わります。

たとえば、土壌が酸性の場合、紫陽花は青みを帯びた花をつけ、逆にアルカリ性の土壌に咲いている紫陽花は、赤みを帯びた花をつけます。

日本の土壌は酸性のものが多いため、日本では青や紫の紫陽花がよく見られます。

ヨーロッパではアルカリ性の土壌が多いため、赤やピンク色の紫陽花が見られることが多いようです。

ちなみに、ヨーロッパでは梅雨がないため、日本のように雨の時期の花というイメージはないようです。

紫陽花の種類は?

紫陽花にはさまざまな種類がありますが、大きく2つに分けられます。

花の形が丸い紫陽花は、日本から西洋に渡り品種改良されたもので、「セイヨウアジサイ」や「ホンアジサイ」といいます。

日本古来のものは「ガクアジサイ」といい、中心のつぼみのようなものが花で、そのまわりの花に見えるようなものがガクです。

紫陽花の名前の由来は?

紫陽花(あじさい)という名前は、まず「あじさい」という呼び名が生まれました。そして、その後に漢字で「紫陽花」というが字が当てられたのです。

紫陽花(あじさい)という名前は、「あづさヰ」(あづさい)という言葉が変化してできたものです。

この「あづさヰ」という言葉は二つの単語からなっており、「あづ」と「さヰ」に分解できます。

「あづ」とは、小さいものが集まっている様子を表す言葉で、「さヰ」は藍色の花や、真藍(さあい)を表します。

つまり、藍色の小さな花が集まって咲いている様子を見事に表した言葉が、ほぼそのまま名前になっているのですね。

別名では花の色がコロコロと変わることから「七変化 (シチヘンゲ)」「八仙花(ハッセンカ)」と呼ばれたりもします。

紫陽花の花言葉は?

アジサイの花言葉はたくさんありますが、その中にもいい意味のものと悪い意味のものがあります。

○いい意味の花言葉

『元気な女性』『寛容』『辛抱強い愛情』『謙虚』『家族団らん』『団結』

「元気な女性」、「寛容」などの花言葉は、紫陽花の花色に由来すると言われています。

紫陽花はジメジメとした梅雨の長い期間、ずっと花を咲かせ続けます。その花期の長さから「辛抱強い愛情」、「謙虚」
の花言葉がつけられています。

紫陽花の花はたくさんの萼(がく)が寄り集まって形を作っており、その姿に家族や集団の結びつきをイメージして「家族団らん」「団結」という花言葉がつけられています。

○悪い意味の花言葉

『移り気』『浮気』『変節』『冷酷』『高慢』『無情』

移り気、浮気、冷酷、無情などの花言葉は、紫陽花の花色に由来すると言われています。

紫陽花は、開花から満開になるまでどんどん色を変化させます。色がコロコロ変わるさまから「移り気」、「浮気」が付きました。

そして紫陽花の青い花の色から「冷酷」、「無情」が付けられています。

紫陽花の色ごとの花言葉は?

紫陽花は開花の状態や土壌の酸度などで色を変える花です。そして、色によってそれぞれ花言葉も違います。
紫陽花の色別の花言葉の意味をみていきましょう。

青・青紫・水色

『無情』『冷淡』『あなたは美しいが冷淡だ』『辛抱強い愛情』『清澄』『神秘』

紫陽花の色は、土壌のpH値によって決まると言われており、日本の土壌は弱酸性であることが多いため、青〜青紫の紫陽花になりやすいようです。

青い紫陽花の花言葉の「辛抱強い愛情」は梅雨時の長い雨に耐えて咲く美しい姿から、そんなイメージが連想されるのかもしれませんね。

「冷淡」「無常」はその青い色から受けるイメージから生まれたものとされています。

一般に青や藍といった色は「寒色」と呼ばれ、神秘的で凛としたイメージと冷たいイメージとの両方があります。

赤・ピンク・赤紫

『元気な女性』『強い愛情』

ヨーロッパなどの雨が少ない地域では土壌がアルカリ性になりやすく、そこに咲く紫陽花には濃いピンクがあらわれるようです。

ピンク色は、愛情や母性をあらわす色で、暖かく情熱的な印象を与えることから「元気な女性」「強い愛情」となったようですね。
この色は母親へのプレゼントなどにとても人気があるようです。

『寛容』『ひたむきな愛情』『気の迷い』

紫陽花の色のもとは、アントシアニンという色素なのですが、真っ白な紫陽花にはこの色素がないため、土壌の影響を受けず白く咲くそうです。

何色にでも染まることができる寛大な様子から、この花言葉が付いたと考えられています。

白い紫陽花はパートナーと認め合う意味を込めて結婚式の装飾にも人気の花です。

紫陽花の名所は?

紫陽花の開花時期は6月~7月ですが、九州などの方からどんどん開花が始まり、北上していきます。
日本全国どんな名所があるのでしょうか。

・雲昌寺 (秋田県)
・みちのくあじさい園 (岩手県)
・笹野観音 (山形県)
・資福寺 (宮城県)
・美の山公園 (埼玉県)
・白山神社 (東京)
・服部農園あじさい屋敷 (千葉県)
・ 開成町 (神奈川県)
・長谷寺 (神奈川県)
・妙法寺 (山梨県)
・柳谷観音・楊谷寺 (京都)
・善峯寺 (京都)
・形原温泉 (愛知県)
・大川原高原 (徳島県)
・吉備津神社 (岡山県)
・桃源郷岬 (宮崎県)
・おしどりの池 (長崎県)

どの名所も本当にきれいな紫陽花がたくさんです。お近くの場所があれば、ぜひ開花時期に訪ねてみてください。

まとめ

紫陽花の花言葉は紫陽花の花の様子や、咲く期間、色など様々な理由でつけられていることがわかりました。

また、紫陽花の色が土壌のpHなどによって違うことも知らなかったので驚きました。

梅雨の時期に咲く花という漠然としたイメージしかありませんでしたが、色々な花言葉もあり、表情豊かな花と知り見る目が変わりました。

贈り物や結婚式にも人気の紫陽花なので、素敵な意味の花言葉のメッセージを添えて人に送ってみたいですね。