鯉のぼりの由来は?どんな意味があるの?

お彼岸があけたころから、ちらほらと鯉のぼりが飾ってある家を見かけますよね。

鯉のぼりが風にたなびいていると、もうそんな時期かと思い、少し懐かしい気分になりますね。

そんな鯉のぼりですが、どんなものかと聞かれると、こいのぼりの歌と、男の子がいる家に子どもの日くらいまで飾ってあるというくらいしかわからない人も多いのではないでしょうか。

実際に私自身も分からなかったので、鯉のぼりについて調べてみました。

鯉のぼりの由来は?

そんな鯉のぼりのいわれをたどってみると中国のある故事「登竜門」に由来しています。

中国の山奥には竜門という流れの激しい滝があり、そこを登り切った鯉は竜となり天に上ったという登竜門伝説です。

空高く舞う鯉のぼりは、この登竜門伝説にあやかり、男の子が様々な困難に打ち勝って大成する立身出世の象徴として飾られます。

また、もともと鯉は沼や池などでも生きていける、生命力の強い魚であったことから、中国の登竜門伝説のように場所や環境の良し悪しに関わらず、立派に成長し立身出世できるように願って飾られるようになったともいわれています。

江戸時代に武家で男の子が生まれると、玄関の前に馬印や家紋のついたのぼりを立てて祝う風習がありました。

それが一般にも広まり、のぼりを立てるようになり、町人が風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼりが鯉のぼりです。

鯉のぼりの色の由来や意味は?

現在は基本的に黒い鯉が大黒柱である父親を意味し、赤い鯉が生命を担う母親、青い鯉が成長をしていく子供を表しているようです。

江戸時台に誕生した鯉のぼりは真鯉(黒い鯉)でしたが、
明治時代から緋鯉(赤い鯉)が加わり、真鯉と緋鯉の対で揚げるようになりました。

この時の緋鯉は現在のように母親を表すものではなく、子供を表していたそうです。

昭和時代からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えたものが主流となりました。

最近では緑やオレンジ、紫やピンクといった、より華やかな色の子鯉も普及してきて、所によっては家族が増えるたびに増やしていく家庭が多いようです。

吹き流しの意味は?

鯉のぼりの一番上にある筒状で五色の先がヒラヒラしているものを吹き流しと言います。

この吹き流しの五色は中国の五行説に由来しています。

五行説とは万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなり、それぞれが互いに影響を与え合い、循環するという思想で、それぞれに青・赤・黄・白・黒の5色が当てはめられています。

この5色を使い、魔除けとして子どもを災いや魔の手から守るという願いが込められているようです。

矢車や天球の意味は?

鯉のぼりをつけるポールの先端には、車輪のようなものがついていて、これが矢車と天球です。

矢車も天球も風を受けてクルクルと回る仕組みになっています

矢車の矢は武家社会における武具の弓矢を表しており、矢で邪悪な気を打ち払う意味合いがあるようです。

また風で吹かれることでカラカラと音がするのには、神様に知らせる役割があるようです。

鯉のぼりに込められた意味とは?

子どもに対して、鯉が滝をのぼって竜になって天に上るように、健康で強い人になってほしい、困難に打ち勝ち、立派に成長してほしいというような願いが込められています。

また、鯉のぼりには天の神様に来てもらうための目印という役割と、我が家に後継ぎとして男の子が生まれましたという地域社会へのお披露目の意味もあります。

まとめ

鯉のぼりは中国の登竜門伝説と日本の風習が合わさってできた文化でした。

竜になった鯉のように、立派に成長し立身出世できるように願って飾られるようになったんですね。

鯉のぼりだけでなく、吹き流しや、矢車などにも子どもを思う願いが込められていました。

今まで、そんなに深く考えたことのない鯉のぼりでしたが、調べてみると、子どもを思う気持ちや願いが込められていて、いい文化だったのだなと感じました。

昔より、大きな鯉のぼりを作る家庭は少なくなったかもしれませんが、こういった文化はぜひ大切にしていきたいですね。