咳を止める方法は?ツボやおすすめの薬などを紹介!

風邪を引いて、やっと直ってきたと思ったら、咳だけが長引いて、つらいなんてことありますよね。

日中の仕事中にも咳が止まらなかったり、家に帰って寝ているときにも夜中に咳が止まらなくて睡眠不足になってしまうこともあると思います。

そして、咳をしすぎて、腹筋が痛くなることもありますし、咳をするたび不快で仕方ないですよね。

この厄介な咳を止める方法はないのか調べてみました。

咳がでるのはなぜ?

咳が出るのは外からの異物に対する防御反応です。

肺や気管などの呼吸器を守るために、外から入ってきたほこり、煙、風邪のウイルスなどの異物を気道から取り除こうとする生体防御反応が咳です。

異物が入り込むと、まず咽頭や気管、気管支など気道の粘膜表面にあるセンサー(咳受容体)が感じ取ります。

その刺激が脳にある咳中枢に伝わると、横隔膜や肋間膜などの呼吸筋(呼吸をおこなう筋肉)に指令が送られ、咳が起こります。この反射運動を「咳反射」といいます。

また、咳には気道にたまった痰を外に排出する役割もあります。

夜中に咳がひどくなる原因とは?

理由のひとつに自律神経の働きがあります。

自律神経とは、交感神経と副交感神経に分かれます。

交感神経は体を興奮させる神経で、昼間に身体が活動しやすくなるように、心臓の鼓動や呼吸が早くなり、血圧が上がります。

交感神経とは反対の働きをするのが副交感神経です。

副交感神経とは、休息やリラックスする時に働き、身体の回復を助ける働きもするので、副交感神経が活動すると、胃酸が分泌されたり腸の動きが活発になります。

心臓の鼓動は遅くなり、筋肉がゆるんでリラックス状態になります。

そして、この副交感神経が働くと気管や気道が狭くなるため、気管や気道が過敏になり、夜中に咳がひどくなるようです。

また、あおむけに寝ると鼻水がのどに流れ込みやすくなるので、喉に流れ込んだ鼻水が刺激となり咳がでます。

鼻が詰まって口を開いて寝てしまう事も原因の一つで、口を開いて寝ると、喉が乾燥して咳がひどくなります。

咳を止める方法は?

咳がすぐにピタッと止まるという方法はないかもしれませんが、緩和させる方法を紹介していきます。

咳を止めるツボ

会議や説明会などの大事な場面で咳が止まらないなんてことを防ぐためにも、即効性のある咳を止める方法があったらいいですよね。

そこで、簡単に押せて覚えやすい「咳を止めるツボ」をご紹介します。

天突(てんとつ)

鎖骨と鎖骨の間のくぼみにあるので、鎖骨の裏側へ指を入れる感覚でやるとうまくいきます。

デリケートな場所なので慣れないうちは注意して、3秒くらい押したら一度離しましょう。

尺沢(しゃくたく)

手のひらを上にして、ヒジの内側にできる曲がりじわ中央より、少し親指側にずれたところにあります。

咳を止める飲み物

お湯(温かい飲み物)

昔から咳を止め、楽になる方法にお湯を飲むと良いとされています。

温かい飲み物をゆっくり飲むと、からだも暖まり、蒸気によって加湿効果もあります。

冷たい飲み物は、刺激で気管が収縮してさらに咳が出るため逆効果です。

はちみつ

はちみつには、抗酸化作用や抗菌作用があり、のどの奥の症状を和らげる効果があると言われています。

はちみつレモンやはちみつ紅茶などにしてホットで飲むとよいでしょう。

タイム汁

痰のからむ咳におすすめです。

タイム(ハーブ)には痰をとる作用があるといわれ、風邪やアレルギーで咳が出るときはタイムを水から入れて10分間ほど煮出した後、こして飲むとよいそうです。

市販のハーブティーでもよいでしょう。

ざくろシロップ

のどの痛みのある咳におすすめです。

ざくろの実を白砂糖に漬けて、そのエキスを飲むと咳止めになります。

ちなみに、乾燥させたざくろの皮は石榴皮(せきりゅうひ)と呼ばれる漢方の原料になり、煎じたものでうがいをすると、のどの痛みを抑える効果あるです。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには気管支を広げる効果があり、咳の症状を緩和してくれます。

コーヒーが苦手な場合は、緑茶や紅茶にも、コーヒーの半分程度のカフェインが含まれます。

咳を止める過ごし方

加湿器

乾燥すると咳は余計にひどくなります。
加湿器で湿度を保ってのどが乾燥しないようにしましょう。

蒸しタオル

温かい蒸しタオルで 鼻と口を覆ってそのまま呼吸をします。

咳が苦しいときでもお風呂では少し楽なように、蒸しタオルの蒸気で楽になります。

マスク

喉が乾燥を感じると咳はますますひどくなります。

マスクをしてると空気の乾燥から喉を守ってくれるから咳が出にくくなります。

咳止め薬

咳止め薬は症状と薬の種類によっては治りが遅くなってしまうこともあります。

また、咳止め薬は飲みすぎると副作用で激しい頭痛を引き起こすことがあります。

そのため、咳がひどすぎて体力を消耗するような場合や夜中にどうしても眠れないときだけ服用するなどの使い方をおすすめします。

エスエスブロン

咳止め薬として長い販売実績がある市販薬です。

咳中枢に働くジヒドロコデイン、気管支を拡張するメチルエフェドリン、アレルギー症状を抑えるクロルフェニラミンを有効成分として含んでいます。

アレルギーによる咳などに効果的です。

ストナ去痰カプセル

去痰作用として効果的なカルボシステインとブロムヘキシンが含まれています。

それぞれムコダインとビゾルボンとして病院で処方される医療用医薬品と同じ成分です。

眠気が出る成分を含んでおらず、痰が絡んで咳が出ている場合におすすめです。

龍角散ダイレクト

生薬成分で気道の粘膜に直接付着することで効果を発揮します。
気道粘膜を整えることで痰の排出を促し、気道を潤すことで咳に効果があります。

直接作用するから即効性があります。

まとめ

咳は異物を出そうとする反応なので、ウイルスなどの異物を出すためには必要な症状なのですね。

しかし、ずっと続く咳はつらいものですよね。
そこで今回のいろいろな咳を止める方法などを試してみて、少しでも咳を緩和し、楽に過ごせたらいいと思います。

咳がひどく続く場合は肺炎や喘息などの可能性もあるので、あまりにつらい場合は、咳を止める方法でなく病院で診察してもらうようにしてくださいね。