台風はなぜできるのか?発生メカニズムと日本に来る理由と時期は?

夏から秋にかけて日本に台風がよく上陸しますよね。子どもの頃は台風が来ると学校が急行になったりするので台風が来てほしいと思っていたこともありました。

しかし、大人になった今では、台風がきても仕事は休みにならないし、公共交通機関にも影響がでたり、勢力の強い台風だと色んな被害も出たり、本当に来ないでほしいと思うようになりました。

そんな厄介ものの台風ですが、なぜできるのか、そしてなぜよく日本に来るのか調べてみました。

台風とは

台風が来ると、天気のニュースで毎回台風のことが話題にされますよね。では、そもそも台風とは何なのでしょう。

台風とは、熱帯の海上で発生した低気圧のうち、北西太平洋または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(1秒間に17m進む速さ)以上のもののことをいいます。

台風の発生メカニズムは?どこで発生する?

台風は赤道に近い、北西太平洋や南シナ海などの熱帯の海上で発生しています。

熱帯の海は、太陽が照りつけによって海水が蒸発し、水の温度が高いことから、湿った熱い空気が立ち上り、上昇気流が生まれます。

すると、その上昇気流のまわりからその海面に向かって、うずをまきながら風が集まってきます。
その流れのなかで雲が作られ、雲はグングン高く成長していき、積乱雲にまで発達していきます。

そして、雲ができる過程で雲のもとになる水蒸気が水粒になるときにかなりの熱を放出します。
放出された熱が、まわりの空気をもあたためて、さらに上昇気流を強めていきます。
それが繰り返し起こることで、どんどんと大きくなっていき、渦状の大きな雲のかたまりになっていきます。

雲のかたまりが台風になるまでの間のことを「発生期」といい、海からの水蒸気をたくわえながら、成長し続けます。

台風が発生してから、最も勢いが強くなるまでの間のことを「発達期」といいます。

風が最も強くなると台風は「最盛期」に入り、高い空を流れる風に乗って、南の海から北に向かって進みはじめます。

そして、台風の力が弱くなって、消えてしまうまでの間を「衰退期」といいます。

最後に台風は「温帯低気圧」に変わって、やがて消えてしまいます。

台風が日本に来る理由とは?日本に来る時期は?

台風は渦をまいて海上や陸上を進んでいきますが、それは台風の力によるものではありません。
台風を動かしているのは、空を流れている風です。しかし、空を流れる風の力が弱いときには、地球の自転の働きによって、台風は北に向かって進んでいく傾向があります。

では、なぜ日本に台風がくるのでしょう。それには日本の地理的要因が大きく関係しています。

台風は夏から秋に多く日本に上陸しますが、春や冬にも発生はしています。
それがなぜ、春や冬は日本に来ないのかというと東から西へ向かってふく風に乗って、フィリピンやベトナム、中国南部に向かってへ進んでいってしまうからです。

夏から秋にかけて発生する台風は、春や冬に発生する台風よりも、緯度の高い場所で発生していて、偏西風に乗って、北東に向かって進むことで日本にやってきます。

あたたかい季節になると、日本の空は太平洋高気圧に覆われるため、台風が発生し、日本にやって来ても、太平洋高気圧によって台風が日本に近づけず、上陸することができない状態になっています。

しかし、日本では夏の終わりにかけて、太平洋高気圧が弱まってくると、台風が日本列島に近づくことが多くなり、日本へ台風が上陸しやすくなるのです。

まとめ

台風ができるメカニズムや日本に来る理由にもさまざまな天気や気圧、風などの気象的な要因が多く絡んで起こることなのだとわかりました。

今までは、台風については夏や秋にできるものというイメージがありましたが、それはただ、日本に来るのがその時期というだけであって、発生自体は年中しているなどは知らないことでした。

日本に住んでいる以上、必ず台風はやってきますよね。日本に上陸する台風がすべて強い台風というわけではないですが、猛威を振るう危険な台風もあるので、防災の準備など、気をつけていきたいですね。