夜に洗濯しても大丈夫?メリット、デメリットは?

毎日の洗濯って本当に大変ですよね。

人数が少なければ、2日分くらいはためておけるかもしれませんが、子どもがいたり、家族が多かったりすると洗わないわけにはいきませんよね。

それに、朝に洗濯しようと思っても、朝でかける支度などをしているとなかなか時間が取れないので、夜に洗濯するという人も多いかもしれません。

でも、やっぱり洗濯は朝するものとういイメージが強いし、夜洗濯してもいいのかなと気になりますよね。

そこで、夜に洗濯することのメリット・デメリットについて調べてみました。

夜に洗濯するメリットは?

電気代が安い

電力会社や契約の方法によっても異なりますが、日中の電気代に比べ夜間の電気代は安くなります。

夜間電力を使う契約をしている場合でしたら、夜に洗濯をするようにしたら、その分電気代の節約になりますね。

また、乾燥機能付きの洗濯機で乾燥までしてしまう場合は特に節約になるかもしれません。

朝の忙しい時間に余裕ができる

朝は食事の準備に身だしなみなど、出かける準備で忙しいですよね。

その時間に、洗濯物を干すという時間がなくなれば、朝少し長く寝られたり、ゆっくり食事ができたりしますよね。

脱いだ服をすぐ洗うことで雑菌の繁殖を防げる

夜に衣類を脱いですぐ洗濯をすれば、洗濯物自体に付着した雑菌の繁殖や衣類のニオイ、カビを防ぐことができます。

お風呂の残り湯を使う場合、残り湯が朝より綺麗

お風呂の残り湯を翌朝、洗濯に使うまで置いておくと、入浴直後と比べると約1,000倍にまで菌が増殖するといわれています。

水がもったいないから、残り湯は使いたいけど、汚いのは嫌という人であれば、お風呂の入り終わってすぐの夜のうちに残り湯を使うのが良いと思います。

また、お湯が温かいうちに残り湯を使えば洗浄力も高くなるという利点もあるので、夜に洗濯するのなら、残り湯使用はおすすめです。

夜の外干しのメリットは?

洗濯物が日焼けしにくい

夏など日差しが強く、紫外線などが多いと衣類の日焼けの原因となります。

朝、外に干して乾いた後も日が当たり続けると、日焼けの原因となってしまいます。

また、タグに日陰干しなどと書いてある衣類は、夜外にほしておけば日にはあたらないので、外で干せますよね。

洗濯物が室内より乾きやすい

外干しは夜間でも晴れていて風があれば、室内干しよりも乾きやすくなります。

洗濯物が乾くには、風が必要です。

室内であれば、扇風機やサーキュレーター、エアコン等を使わない限りはなかなか、風がないので乾きにくいです。

乾いたとしても、時間がかかれば生乾き臭が気になってしまいますよね。

交通量のある道路が近い場合、排気ガスで汚れにくい

夜間は排気ガスを出す車の交通量も昼間より少なくなります。

そのため、夜間に干せば、排気ガスが少ないので洗濯物が汚れにくくなります。

工場地帯が近くにあるという場合もですが、排気ガスを出す量が少ない時間の夜間に干せば、排気ガスで汚れにくくなるということですね。

夜の洗濯のデメリット

洗濯機の音が騒音になること

マンションやアパートなどの集合住宅では、洗濯機の音が隣や階下の部屋などに伝わり、騒音トラブルになることは十分に考えられます。

また、一軒家であっても家の距離が極端に近い場合などは十分に気をつけたほうがよいでしょう。

生活音が気にならない時間は21時くらいまでらしいので、それ以降の洗濯は控えたほうが賢明でしょう。

衣類の生乾き臭など出てくることもある

洗濯物を乾かすには、風はもちろん、温度、湿度、が関わっています。

洗濯物の生乾きの臭いは干してから乾くまでの時間が長くなるとより発生しやすいと言われています。。

夜間は昼間よりも温度が低いため乾きにくいですし、日光による殺菌作用などもないため、臭いが出やすくなります。

夜の外干しのデメリット

洗濯物に虫が卵を産み付ける可能性がある

家が山や森、緑の多い公園、水辺などが近い場合は特にですが、虫がやってきて洗濯物に卵を産み付けられることもあります。

虫が服に卵を産み付けたことに気づかずにそのまま着てしまったり、そのままタンスの中で卵が孵化してしまったりすると思うとぞっとしますね。

夜間に人がいない家とみられるため、防犯上よくない

朝に洗濯することが基本でいうと、洗濯物が夜干しっぱなしになっているということは、人が帰ってきていない家ということになります。

泥棒はそういったことを事前に調査するそうなので、もしかしたら、目をつけられてしまうかもしれません。

夜間に雨が降ってきても取り込めない

夜間は大体の人が寝ていると思いますが、寝ている時に軽い雨が降ってもなかなか気づけないですよね。

せっかく干した洗濯ものが、朝起きたら雨でびしょ濡れなんてこともあるかもしれません。

まとめ

朝に洗濯するのがいいか、夜に洗濯するのがいいかは結局、選ぶ人次第です。

上記で紹介した、メリット、デメリットを踏まえたうえでそれぞれのライフスタイルに合わせて選択するのが一番なのではないでしょうか。

忙しい日は前日の夜にやっておくでもいいでしょうし、余裕のある日や休日などは、朝やるみたいな感じでもいいでしょうね。